科学オリンピックをめざす、ノーベル賞学者たちとの夏合宿

開催概要

  • HOME »
  • 開催概要

「創造性の育成塾」は、“科学技術創造立国”を目指す日本の未来を担い、世界に貢献できる理数系青少年の育成を目的に、2006年にスタートしました。

全国から選ばれる理科好きの中学2年生 約40名が、ノーベル賞受賞者をはじめ優れた科学者や気鋭の先生方による講義や実験の授業を受ける夏合宿です。雄大な富士山麓で科学の面白さを体感しながら “創造性”や“自ら考える力” を身につけるよう支援します。また、外務省の支援を受け、アジア各国からも約10名の塾生が参加しています。

なお、この「塾」は、物理・生物・化学・数学・情報・地学・地理の7部門で行われる「科学オリンピック」に挑戦する人材を育てます。

全国から広く参加してもらうことを願い、塾生の参加費・交通費は、無料です。

これまでの夏合宿一覧

開催期間 毎年7月下旬から8月上旬にかけての8日間程度
場所 東レ総合研修センター(静岡県三島市)
参加対象 中学2年生 (参加・交通費無料)
選考方法 4月下旬に当Webサイトにて公開される選考問題に取組み、規定応募用紙にて応募。(応募期間:5月1日~31日)
選考委員会による選考を経て、6月下旬にWebサイトにて合格者約40名を発表する。
主催 特定非営利活動法人 ネットジャーナリスト協会
後援 文部科学省
東京都教育委員会
宇宙航空研究開発機構(JAXA)
科学技術振興機構(JST)
讀賣新聞社
NHK
共同通信社
全国・東京都中学校理科教育研究会
全日本中学校長会
協賛 旭化成
ANAホールディングス
キヤノン
新日鐵住金
東芝
東レ
トヨタ自動車
日本生命保険
日本たばこ産業
パナソニック
東日本旅客鉄道
三井不動産
三菱ケミカルホールディングス
三菱重工業 他

 

スペシャルコンテンツ



歴代の講師陣

PAGETOP